blog index

綿の実通信(ブログ)

コットンフィールド店長のブログです。
細かい情報から大きなイベントまで色々と掲載します。
<< 芸術の秋、大粟山でアートウォーク! | main | 深まる秋、紅葉のコットンフィールド >>
コットンフィールドでトトロに会おう!?
0

    のコットンフィールドには、子どもたちが大好きなものがたくさん落ちています。

    それは・・・、どんぐり

    どんぐりどんぐりでも、いろいろなどんぐりがあります。

     

    まずは、コットンフィールドの中心にあるファイヤーサークルの奥にあるカシの木。

    地面を見ると、かわいい小さなどんぐりが落ちています。

     

    こちらは、アメリカンコテージ前、夏になるとカブト虫がやってくるクヌギの大木。

    モジャモジャ帽子をかぶった、丸くて大きなどんぐり!

     

    コットンフィールドのすぐ脇の道を、町を見ながら山に登って行く途中には・・・

    ちょっと長めのコナラの実。が出ているものもあります!

     

    先週、雨の中「どんぐりを育てよう」というイベントで子どもたちがどんぐり拾いにやってきました。

    (神山つなぐ公社主催、鮎喰川すまい塾#8)

     

    拾ったどんぐりを親子でポットに植えて、を作ります。

    (まずは一晩水に浸して、を追い出します。浮いてきたどんぐりは、虫に食べられているので植えません。)

    今回は赤玉土を使って苗を作りましたが、庭にまいただけでもが出ることもあります。

    (赤玉土の場合は、中くらいの粒→小さい粒→どんぐり→小さい粒の層にして植えます。)

     

    芽は(とんがったほう)から出てくるので、どんぐりは横向きに並べるのがポイント。

     

    ポットに植えたどんぐり。毎日をやっていると、にはが出てくるはず。

     

    今回作った苗は、地元の城西高校神山分校(造園土木科)の生徒さんが育てて、新しくできる集合住宅の庭に植えられるそうです!

     

    宮崎駿監督の名作「トトロ」の中で、どんぐりが夜中にニョキニョキ成長するシーン、覚えていますか?

    メイとさつきが喜んだように、春には「夢だけど、夢じゃなかったー!」となるかな!?

     

    昨年植えたどんぐりから芽が出ています。^^(城西高校分室の温室にて)

     

    ところで・・・

    神山町は、町の面積の86%が森林で覆われている、緑深い町。

    でもその木々の多くは、戦後に植林されたヒノキ。(一年中緑色の、針葉樹と呼ばれる木です。)

    今神山では、伐採期にある杉やヒノキを伐り出して使っていくために、「町産材認証制度」も始まりました。

    ↓詳しくはこちら

    https://www.youtube.com/watch?v=FwnNQPdiSF0

     

    山に日光を届けて下草を生やしたり、自生する植物のが飛んできて広葉樹が茂ったりすることで・・・、やがて川の水が増えてが帰ってきたり、保水力が高まって洪水や土砂崩れの危険も減らすことができると言われています。

     

    どんぐりの木のような広葉樹がたくさん生えて、新緑紅葉ももっと楽しめるようになるといいですね。^^

    コットンフィールドのある大粟山から見渡す山々

     

    コットンフィールドにお越しの際には、さつきメイになった気分で、どんぐり探しをしてみてください。

    そして、ご自宅の庭にどんぐりを植えてみたら・・・、「夢だけど夢じゃなかったー!」となるかもしれません!

    どんぐりの木の生えている場所については、お気軽にオーナーまでお尋ねください。

     

    <おまけ>

    管理棟の隣にある「どんぐり教室」は、“どんぐりの背比べ”から命名しました。

    (陶芸や燻製、そば打ちなどの体験教室を行ってきましたが、今は新しくできたバーベキューハウス「森っ子」の2階で行っています。)

    | cottonfield | - | 15:42 | - | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ