blog index

綿の実通信(ブログ)

コットンフィールド店長のブログです。
細かい情報から大きなイベントまで色々と掲載します。
明けましておめでとうございます!
0

    新年明けましておめでとうございます!

    今年の神山のお正月はお天気に恵まれ、穏やかなお正月を迎えています。

     

     

    恒例の初日の出ウォーク、今年はいつもとは違う「山」から初日の出を拝みました。

    朝5時40分、まだ暗いうちにコットンフィールドを出て30分ほどのドライブで到着したのは、徳島市と小松島市の境にそびえる「日峰山(ひのみねさん)」。

    阿波山峰のひとつに数えられている美しい山で、標高は191.6m。(しかも車でらくらく登れます)

    海を臨む山頂は展望台になっていて、神社もあって初詣もできるということで、徳島でも人気の初日の出ビュースポットです。

     

    午前7時7分、東の海からゆっくりと平成30年の初日の出が昇りました!!

     

    日の出を待っていた人々から歓声があがります。

     

    美しい日の出で幕を開けた平成30年。コットンフィールドはオープンから25周年を迎えます。

    春には、敷地内にビール醸造工場や新しいオートキャンプサイトのオープンを予定しており、新たなチャレンジが続きます。

     

    建築中のビール工場には表札もかかり、4月の開業を目指して突貫工事中です!

     

    「神山ビールプロジェクト」について、詳しくはこちらをチェック。↓

    http://www.in-kamiyama.jp/diary/29913/

     

    今年もコットンフィールドにお越しくださる皆さまや、応援してくださる皆さまに支えられながら、楽しく温かいキャンプ場作りを目指して進みたいと思います。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

    <おまけ>

    さて、今年は戌年。

    ワンちゃんと一緒に年越しキャンプをされているお客さまもいらっしゃいます。

    今年の主役、凜々しいビーグル(と少し雑種混じりだそうです)キャンプ犬のリク君とクロちゃん。

    よい一年になりますように!

     

     

     

     

     

    | cottonfield | - | 10:47 | - | - | - | - |
    コットンフィールドで年越しキャンプだワン!
    0

      ラニ〜ニャ現象の影響で、例年になく寒い師走を迎えている神山。

      山の下のほうでもがちらつく日もあり、今年の年の瀬は冷え込みそうです。

       

      コットンフィールドに向かう国道から見える山々も、雪をかぶっています。

       

      ちなみに…

      ちょうど10年前、2008年のお正月のコットンフィールドは、雪で覆われました。

       

      来年はどんなお天気の新年を迎えるのでしょうか!?

       

      寒い時期ですが、年末年始をコットンフィールドで過ごそうというお客さまからご予約をいただいています。

      年越しキャンプ!コタツもいいけど、自然の中で過ごすお正月もいいですね。(バンガローの中は暖かいですよ。)

       

      現在のところ、お正月に徳島で積雪の予測はありませんが、冬休みの思い出に雪だるまが作れるかな!?

      これは2011年のお正月に、お客さんが作られた坂本龍馬風の雪だるま。

      (前年放映のNHK大河ドラマ、福山雅治さんが演じた「龍馬伝」の影響でしょうか…)

       

      さて、コットンフィールドでは、年末年始を楽しむためのイベントを準備しています。

       

      まずは、<そば打ち体験>

      「大晦日にに切れやすい蕎麦を食べて、今年一年の災厄を断ち切る」という意味の込められた年越し蕎麦。

      なにをかくそう、以前、神山でお蕎麦屋さんもやっていたコットンフィールドオーナーが、そば打ちについて直伝します!

      12月31日以外にも体験教室の開催は可能ですので、コツを学んでご自宅でマイ年越し蕎麦を打つのもいいかもしれません。

       

       

      <そば打ち体験>

      開催日:毎日(要予約)

      料金:1食750円+税

      ※5食から承りますのでご家族でどうそ

      ※持ち帰りになります(つゆなどはご準備ください)

       

      そして、毎年恒例の<新春初日の出ウォーク>をもちろん、来年もやります!

      神山の西竜王山の頂上から、から登る初日の出をのぞみませんか!?

       

      昨年はドラマチックな朝日で、新年が幕開けました!

       

      神山森林公園(イルローザの森)にて、20分程度のウォーキングで標高495メートルの山頂に到着。

      7時頃に、小松島港方面に昇る初日の出を待って、山頂にある「八大龍王神社」にお参りをします。

      山道のアップダウンが多少ありますが、3歳くらいのお子さんでも歩くことができます。

       

      歩き始めは薄暗い中。懐中電灯防寒具をお忘れなく!

       

      10年前(2007年)の初日の出ウォークの記念写真

       

      <新春初日の出ウォーク>

      開催日:1月1日(要予約)

      参加費:無料

      ※午前5時45分に玄関前集合(帰着は8時過ぎの予定)

      ※オーナー運転のマイクロバス、もしくは各々の自家用車にて神山森林公園へ

       

      初詣には、四国霊場88箇所「焼山寺」(12番札所)や、コットンフィールドのある大粟山にある「上一宮大粟山神社」がオススメです。大粟山神社は、古事記にも登場する五穀豊穣の女神、大宜都比売神(オオゲツヒメ)を祀った神社なので、ここにお参りすると美味しい食べ物に恵まれるグルメな一年になるかも!?

       

      また、神山温泉も年末年始も休まず営業予定なので、ゆく年の疲れを癒して、お正月からあったまることができます。

       

      さぁ、来る年は戌年

      コットンフィールドでは愛犬も一緒にご滞在いただけるので、主役のワンちゃんを囲んで、ワンちゃんはいなくてもご家族やご友人と…、ワンダフルなお正月をお迎えください!!

       

      <おまけ>

      5年前、オーナー65歳の年の初日の出。来年は、古希のお正月です。どんな朝日が昇るかな!?

      | cottonfield | - | 13:12 | - | - | - | - |
      落ち葉のコットンフィールドで、進行中の工事は・・・!?
      0

        師走に入り、落ち葉がはらはらと舞っているコットンフィールドです。

        紅葉も終盤にさしかかりました。

         

        アプローチに並んだ楓(ふう)の木。陽の光を受けて輝いています。

         

        大きなクヌギの木は、大きな黄金色の葉っぱを落としています。

         

        川辺では、水と落ち葉が曼荼羅模様に!

         

        心に染みるもみじの。陽の光が当たると赤く色づきます。

         

        掃いても掃いても・・・。

        葉っぱは肥料になる予定・・・

         

        落ち葉の絨毯!

        が喜びそうですね。

         

        の訪れを感じる今日この頃。

        そんな中、コットンフィールドを舞台に、現在とあるプロジェクトが進行しています。

        それは、神山ビールプロジェクト

        神山在住の映像作家、アイルランド人のマヌスとアーティストのあべさやかさんが進めています。

         

        詳しくはイン神山の記事をご覧ください!↓

        http://www.in-kamiyama.jp/diary/29913/

         

        山への上がり口(ドックランとすだち畑があった場所)で、工事が進んでいることに気づかれましたでしょうか!?

        ここになんと、地ビールの醸造工場(ブルワリー!)が建つのです。

        のオープンを目指して、建築を担うオーナーは大忙し。(建物は2月末の完成を目指しています)

         

        12月1日(大安)には、いよいよ棟上げを迎えました。

        特別な儀式や餅投げなかったのですが、晴天の下、クレーン車が柱を釣ります。

         

        建物の骨組みができあがって、これからドンドン工事が進んでいきます。

        コットンフィールドの建物をほぼセルフビルドで建ててきたオーナーですが、これで45棟目(かな?)の建築工事。

         

        ちなみに昨年建てた第二バーベキューハウス「森っ子」は、オーナーのセルフデザインでしたが^^、今回はマヌスとあべさんの友人である建築家のイヴォ・クラッソンさんオランダから来日!

         

        先日、プロジェクトの概要を伝えるプレゼンテーションで、デザイン模型も披露されました。

        工房の中には、ビールが飲めるミニバーやビールが買えるショップも併設予定です!

         

        町の皆さんへのプレゼンテーション。社長のマヌスが熱く語ります。

         

        プレゼンテーションの後には、建物の基礎ができあがったささやかなお祝いの会

        神山産のビールの誕生を心待ちにしている皆さんが集まって、ビール談義に花が咲きました。

         

        寒い冬を越した春・・・。のコットンフィールドに、神山ヨーロッパの文化が融合したどんなブルワリーができるのか、お楽しみに!(オーナーはしばらく、工事三昧の日々が続きます・・・。)

         

         

        <おまけ>

        キャンプ場の様子は・・・。

        花のない時期ですが、サザンカの花が咲いています。花だけ見ると、まるで南国の風情。

        そのサザンカ前のサイトでは、大学生の方が一週間泊まられています。

        神山をフィールドワークされているのだそうです。がんばって!^^

         

        | cottonfield | - | 07:14 | - | - | - | - |
        深まる秋、紅葉のコットンフィールド
        0

          日一段とが深まるコットンフィールド。

          陽が照ると、黄色に色づいた葉がキラキラと輝いています。

           

          テントでのお泊まりには防寒対策が必須ですが、の中でのキャンプもまたいいですね。

          川側サイトの様子。今秋はがたくさん降ったので、が澄んでいます。

           

          コットンフィードの入り口のアプローチにずらりと植わった楓(ふう)の木は、手のひらのような葉っぱがユニーク。

          色づいては落ちて、枯れ葉絨毯となって皆さんをお出迎えしております。

          今年の楓の木の紅葉は少し遅めで、まだまだこれから!

           

          今色づいているのは、ケヤキヤマボウシナツツバキの木など・・・。

           

          ケヤキの木を見上げると、から黄色オレンジ茶色へと変わっていく姿が楽しめます。

           

          キャビン前。寒くなってきたので、バンガローやキャビンでの宿泊もおオススメです。^^

           

          もみじの赤は、これから鮮やかになってくるので乞うご期待!

           

          さて、コットンフィールドから近くの大久保の里には、推定樹齢500年イチョウの木があります。

          太さが10メートル、高さ38メートルの巨木。(町指定の天然記念物です)

          カメラに収まりきらないくらいのジャイアントっぷり

           

          枝から垂れ下がる鍾乳洞のような気根の形から乳イチョウと呼ばれ、幼児の健やかな成長を祈るが乳がたくさん出るように願掛けをした木としても知られています。

           

          毎年、11月23日の勤労感謝の日(祝日)には、黄金色に色づいたイチョウの木の下でお祭りが開かれます。

          今年で22回目

          地元の農産物の販売や、手打ちそば餅つき、新名物の黄金すだち鶏天の屋台もありますよ。

          (過去のお祭りの様子)

          ----------------------------------------------------------------------------------

          大久保いちょう祭り

          11月23日(木)10:00〜15:00

          -----------------------------------------------------------------------------------

          この時期、夜にはライトアップもあり、闇の中に黄金色の巨木が幻想的に浮かび上がります。

          (ライトアップは、11/15(水)〜11/30(木)の17:00頃〜21:00)

          (写真は神山町役場のHPから拝借)

           

          現在の大久保の里をお散歩。

          棚田の風景に癒やされます。

          中央に見える乳イチョウ。葉っぱはまだ黄緑色です。


          イチョウ並木は色づいてきています。

           

          は甘いかな!?お猿が食べていないということはきっと渋い

           

          ちなみに、枯れ葉落ち葉にも花言葉があるそうです。

          それはメランコリー。なんだかロマンチックですね。

          さぁ、晩秋のコットンフィールドで、ロマンチックな秋を探してみてください!

           

          <おまけ>

          バーベキューデッキへと降りる、葉っぱの階段。

          滑らないように注意してね。^^

           

          | cottonfield | - | 16:03 | - | - | - | - |
          コットンフィールドでトトロに会おう!?
          0

            のコットンフィールドには、子どもたちが大好きなものがたくさん落ちています。

            それは・・・、どんぐり

            どんぐりどんぐりでも、いろいろなどんぐりがあります。

             

            まずは、コットンフィールドの中心にあるファイヤーサークルの奥にあるカシの木。

            地面を見ると、かわいい小さなどんぐりが落ちています。

             

            こちらは、アメリカンコテージ前、夏になるとカブト虫がやってくるクヌギの大木。

            モジャモジャ帽子をかぶった、丸くて大きなどんぐり!

             

            コットンフィールドのすぐ脇の道を、町を見ながら山に登って行く途中には・・・

            ちょっと長めのコナラの実。が出ているものもあります!

             

            先週、雨の中「どんぐりを育てよう」というイベントで子どもたちがどんぐり拾いにやってきました。

            (神山つなぐ公社主催、鮎喰川すまい塾#8)

             

            拾ったどんぐりを親子でポットに植えて、を作ります。

            (まずは一晩水に浸して、を追い出します。浮いてきたどんぐりは、虫に食べられているので植えません。)

            今回は赤玉土を使って苗を作りましたが、庭にまいただけでもが出ることもあります。

            (赤玉土の場合は、中くらいの粒→小さい粒→どんぐり→小さい粒の層にして植えます。)

             

            芽は(とんがったほう)から出てくるので、どんぐりは横向きに並べるのがポイント。

             

            ポットに植えたどんぐり。毎日をやっていると、にはが出てくるはず。

             

            今回作った苗は、地元の城西高校神山分校(造園土木科)の生徒さんが育てて、新しくできる集合住宅の庭に植えられるそうです!

             

            宮崎駿監督の名作「トトロ」の中で、どんぐりが夜中にニョキニョキ成長するシーン、覚えていますか?

            メイとさつきが喜んだように、春には「夢だけど、夢じゃなかったー!」となるかな!?

             

            昨年植えたどんぐりから芽が出ています。^^(城西高校分室の温室にて)

             

            ところで・・・

            神山町は、町の面積の86%が森林で覆われている、緑深い町。

            でもその木々の多くは、戦後に植林されたヒノキ。(一年中緑色の、針葉樹と呼ばれる木です。)

            今神山では、伐採期にある杉やヒノキを伐り出して使っていくために、「町産材認証制度」も始まりました。

            ↓詳しくはこちら

            https://www.youtube.com/watch?v=FwnNQPdiSF0

             

            山に日光を届けて下草を生やしたり、自生する植物のが飛んできて広葉樹が茂ったりすることで・・・、やがて川の水が増えてが帰ってきたり、保水力が高まって洪水や土砂崩れの危険も減らすことができると言われています。

             

            どんぐりの木のような広葉樹がたくさん生えて、新緑紅葉ももっと楽しめるようになるといいですね。^^

            コットンフィールドのある大粟山から見渡す山々

             

            コットンフィールドにお越しの際には、さつきメイになった気分で、どんぐり探しをしてみてください。

            そして、ご自宅の庭にどんぐりを植えてみたら・・・、「夢だけど夢じゃなかったー!」となるかもしれません!

            どんぐりの木の生えている場所については、お気軽にオーナーまでお尋ねください。

             

            <おまけ>

            管理棟の隣にある「どんぐり教室」は、“どんぐりの背比べ”から命名しました。

            (陶芸や燻製、そば打ちなどの体験教室を行ってきましたが、今は新しくできたバーベキューハウス「森っ子」の2階で行っています。)

            | cottonfield | - | 15:42 | - | - | - | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << January 2018 >>

            bolg index このページの先頭へ